葉酸が胎児に与える影響とは

葉酸が胎児に与える影響は大きいです。葉酸は赤ちゃんの成長にかかせない栄養素で、葉酸不足になると赤ちゃんに色々と影響が出てきます。葉酸が必要なのは、妊娠初期の女性で、妊娠初期に葉酸が必要なのは、赤ちゃんの細胞分裂が活発な時期に当たるからです。この時期に葉酸が不足すると、先天性の病気になるリスクが高まります。葉酸不足は、胎児にリスクを与えることになります。赤ちゃんの先天性疾患である、心臓病、神経管閉鎖障害、免疫機能の低下、消化管機能に異常をきたす恐れがあります。こうした事態は、あくまで最悪のケースですが、葉酸が胎児に対して大きな影響を与えるのは事実です。そのため、妊娠初期段階で、葉酸をとるタイミングを逃さないようにしないといけません。逆に言えば、葉酸を摂ることで、胎児の二分脊椎症や無脳症などの先天性異常リスクを下げることができます。また、葉酸に入っている核酸とタンパク質は、胎児の細胞生成と再生を助ける働きがあります。葉酸は、胎児の発育を促す作用があるので、胎児の発育不全や遅延を改善することができます。

妊活 サプリ

葉酸が胎児に与える影響とは